最新の映像技術を習得するために|自分に合った専門学校を探そう

記事リスト

クリエターになろう

教材

マンツーマンで夢へ接近

映像を学ぼうとするなら大学もありますが、専門学校はその名の通り専門であり、質も大学に負けてはいません。映像クリエターになるのは芸術的なひらめきが必要です。その意味で資格や学歴がなくても成功している人は沢山います。しかし、専門的な技術や知識は不可欠です。専門学校は大学よりは入学しやすく、大都市を中心に学べる環境は十分にあります。一般に映像の現場では監督を始め、シナリオライター、撮影、照明、音響、美術、編集制作、プロデューサーなど幅広い職種があります。専門学校では現場とほぼ同じ環境で同じ機材を使用して実習を行います。もちろん指導するのは第一線で活躍する人達などです。実践の中で学習する事で現場での即戦力として活躍する為の技術を身に付けるのです。また現場で必要なチームワークも自然に身に付けられます。使用する機材は授業以外にも、生徒に貸し出しをしている学校もあり、積極的に外で自主映画を作成したりも出来ます。シナリオを勉強する場合にはト書やセリフ、シーンの場所や時間など書き方の基礎からストーリー構成、場面の転換方法なども学べます。授業ではプロの講義を直に受けられるので、プロとしての心構えや視点で考える機会にも恵まれます。生徒同士で競い合い、技術を磨き合い2年後待っている活躍をする為の土台作りが出来るのです。また映像専門学校を選ぶにあたり、卒業生の進路は確認しておきます。専門学校ではメディア関係とも深い繋がりや情報も沢山入って来ます。つまり卒業後の大切な進路先になる可能性もあるのです。専門学校はその大きなサポートをしてくれるのです。

Copyright© 2017 最新の映像技術を習得するために|自分に合った専門学校を探そう All Rights Reserved.